男女

メンテナンスが不要になる屋上の防水加工術

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. ベランダの水漏れを止める

ベランダの水漏れを止める

女性

ガラス繊維で強化

frpはガラス繊維等で強化されたプラスチックの意味で、船舶やバスタブの材料に用いられていることからも分かるとおり、きわめて強い防水力を持っています。また軽量で加工しやすく、耐久力があって気候の変化にも強いという特徴があり、屋上やベランダの防水工事にも頻繁に利用されています。一般的なfrp防水工事は、まず下地処理をしてから、液状のポリエステル樹脂を塗布します。その上にガラス繊維でできたマットを貼り付け、さらにポリエステル樹脂を塗り重ねて、補強材と一体化させます。最後にローラーなどで気泡を取り除き、表面を研磨してからトップコートを塗布します。こうすることで紫外線などによる劣化を防ぐことができます。

メンテナンスの必要性

frp防水といえども寿命は永久ではなく、10年程度でメンテナンスの必要があります。トップコートが劣化しただけなら、塗替工事で対応できます。ガラスマットにまで劣化が進んでいる場合は、防水工事をやり直すことになります。frp防水は全体が継ぎ目のない層になっていて、水漏れを止める効果が非常に高いだけでなく、硬くて衝撃に強いことから人気があります。また素早く硬化する樹脂を使用しているので、工事が短期間で終わるというメリットもあります。もちろん業者によって、仕上がり具合が異なる可能性はあります。厚生労働省ではfrp防水技能士の技能検定試験を実施しており、資格の有無は業者選びの際に一定の目安になるでしょう。