男女

メンテナンスが不要になる屋上の防水加工術

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. マイホームを長持ちさせる

マイホームを長持ちさせる

作業員

防水工事は正しく施工を行っていても経年劣化によって機能が衰えてきます。とくに出窓のひさし部分や基礎と隣接する境界部分のシーリングや塗装は劣化しやすいため、雨漏りや浸水を招くウイークポイントとなっています。見た目はどれほどきれいな状態であっても深いクラックが生じている場合は浸透圧によって内部へとどんどん水が吸い込まれてしまうので、やがては塗装全体を浮き上がらせ内部の建築素材にも大きなダメージを及ぼしてしまいます。防水工事の耐用年数は施工方法や塗装の種類によって変化しますが、およそ10年ほどたつと徐々に性能が衰えてくるため再塗装が必要となります。大阪で外壁の防水工事を行ってから10年以上経過している方は、専門店に依頼して外壁のチェックを受けてみるようにしましょう。

防水工事を依頼するなら大阪の専門業者がおすすめとなっています。大阪の専門業者では経験豊富な職人による目視確認はもちろんのこと、それ以外にもサーモグラフィーなど科学的な機器を使用した分析も合わせて行っています。そのためわずかな塗装劣化やシーリング破断なども見逃すことなく検知できます。また同時に壁内部の状態や雨漏りが生じていないかをチェックしてもらうことができるので、大切なマイホームの状態をしっかりと確認することができます。外壁塗装などによる防水工事は建物の外観にも大きく影響します。そのため大阪の専門業者では外観の変化の説明にも力を入れています。外壁の色合いはオーダーすることでイメージ通りに仕上げることができるので、施工後の満足度も高くなっています。